下総中山のらくだはうすならつらい慢性痛をマッサージで改善!

下総中山の指圧・マッサージといえばらくだはうす


冷え症でお悩みの方へ

あなたも冷え性?

『冷えは万病のもと』と言われるように、冷え性は肩こりや腰痛をはじめ様々な病気の引き金になりかねません。冷え性は女性に多くみられますが、最近では男性も増えてきています。そして冷え性は冬だけでなく、真夏でも起こります。
当ページで、冷え症の原因と対策そして当院おすすめのコースをご案内いたします。

目次
〇冷え性の原因
〇冷え性対策
〇冷え性の方のためのコース

冷え性の原因

冷え性の原因はいくつか挙げられますが、冷たい食べ物・飲み物を摂り過ぎて体内が冷やされてしまうことや、冷房の効き過ぎた部屋に長時間いることで外から冷やされてしまうことが考えられます。冷房の風が、体の同じ場所にいつも当たることで、体を冷やしてしまう場合もあります。
またふだんから体をあまり動かさない人は、筋肉を動かして熱をつくることが少ないので、冷えやすい状態になっていきます。そして、筋力が減ってくると、ますます体内で熱をつくりにくくなります。最近では平熱が35℃台、35℃以下といった低体温の人も増えてきているようです。
食事を取ると、体内で代謝され熱エネルギーにかわりますが、食事量を極端に減らすダイエットをすると食事から得られる熱エネルギーも少なくなり、冷えやすい体になります。

  • 冷たい食べ物・飲み物の摂りすぎ
  • エアコンで室温が冷えすぎ
  • 運動不足(デスクワークや在宅ワークなど)
  • 下肢の筋力不足(特に女性や高齢者)
  • 喫煙(血管が細くなる)
  • 湯船につからずシャワーで済ませてしまう
  • 急激なダイエット

冷え性の対策

冷え性の対策は以下の通りになります。また、体温が35度台もしくはそれ以下の低体温の方は手足が冷えたり、足がむくんだり、寒く感じたりします。免疫力も低下傾向にあります。そして体温が低いと病気にかかりやすくなったり風邪がなかなか治りにくかったりします。私たちの体には、病気になるのを防いだり病気を治そうとはたらく、免疫という力があります。体温が低いと、この免疫力が低下してしまいます。体温が1度下がると免疫力は約30%ダウンするといわれています。逆に入浴や運動など、体を温める生活習慣をすれば免疫力は強くなり、病気を未然に防いだり、かかってしまった病気を治す力が増すのです。更に筋肉量を増やすことで体温は上昇します。

低体温で冷え性の方は、ウオーキングやサイクリング、スクワット運動などで下半身の筋肉を使い、体温を上げましょう!

  • 冷たい食べ物・飲み物を控えめにする
  • エアコンと扇風機を併用し冷気が下にたまらないようにする
  • 冷えた部屋ではレッグウオーマーを着用する
  • 湯船につかって体をよく温める
  • 寒い日は首や足元を冷やさない
  • ウォーキングやサイクリングなど、下半身を使う

冷え性の方おすすめのコース

全身指圧コースをお受けになると、全身の血行がよくなり体が温まることが実感できるかと思います。当院では、さらに外からも温めることで、もっとぽっかぽかになれるコースをご用意しております。

flag ほっと指圧コース
flag 温熱刺激イトオテルミー療法

ほっと指圧コース

施術前に約10分ホットパックで全身を温めてます。温まった状態から施術を始めるので、気持ちよく施術を受けられます。おわったあとも、入浴後のようにポカポカが持続しますよspa

ほっと指圧50分コース(ホットパック10分+全身指圧40分) 3900円
ほっと指圧70分コース(ホットパック10分+全身指圧60分) 5700円

image027.png

温熱刺激イトオテルミーコース

イトオテルミー療法とは

ra-te-ji3.jpg

温熱刺激作用により、からだにぬくもりと刺激を与えることで、人間が本来持っている自然治癒力を高める療法です。

これにより、病態の改善、病気の予防、疲労回復、健康増進 などが期待できます

イトオテルミー療法の効能

ra-te-rei3.jpg

からだにぬくもりと刺激を与えることで自然治癒力に働きかけ、病態の改善、病気の予防、疲労回復、健康増進を図る温熱刺激療法です。副作用がなく、医薬品との併用も差し支えありません。こどもからお年寄りまで、家庭で簡単にかけ合いができ、自分自身でもかけられます。 

イトオテルミー療法は様々な症状に幅広く適応します

shine からだのコリや痛み(頭痛、肩こり、腰痛、筋肉疲労など)
shine 疲れがなかなかとれにくい方、不眠症や眠りの浅い方
shine 冷え性や便秘、下痢など胃腸の調子のすぐれない方

この他にも以下の症状が代表的です。

頭部・顔面の症状 頭痛・目の疲れ・鼻づまり
首・肩・腰の症状 肩こり・腰痛・首のコリ
手・足の症状 手首・足首・肘・膝の痛み
皮膚の症状 皮膚のかゆみ・吹出物・円形脱毛症
精神的症状 うつ・ノイローゼ・食欲不振・イライラする
全身の症状 不眠・むくみ・冷え・二日酔い

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた際は、すぐに医師の診察を受けましょう。

受けてはいけないとき

伝染性の疾患・壊血病・敗血症・破傷風・ウイルス性肝炎エイズ・悪性腫瘍(ガン)・衰弱の著しいとき吐血や喀血のあるとき・脳卒中で昏睡しているとき・原因不明の高熱が続いているときなど
※ご自身で判断が難しい時はご相談ください。
 

器具の紹介

冷温器

ra-te-rei.jpg

万年筆大の内管と外管からなる金属製の医療器具です。 




スコープ 
ra-te-sco.jpg

空間法(吹きつけ)や、冷温器を皮膚に触れられない時などに使用します。

熱源のテルミー線を最大5本まで装着できます。

テルミー線
ra-te-sen.jpg

数種類の植物からつくられているテルミー療法の熱源です。

生薬成分を含みます。

 

施術の様子

皮膚に直接かけますので専用着にお着替えをしていただきます。
ra-te-ji1.jpg
ra-te-ji2.jpgra-te-ji3.jpg

 


 

 

イトオテルミー親友会

全国約8万名の会員を持つイトオテルミー親友会は、イトオテルミー療法を中心に個人の健康、家族の健康、社会の健康を考え、また健康をキーワードに社会に貢献することを目指しています。現代は人と共に喜び励まし合う、この当たり前と思われることが非常に難しくなっています。そのような社会において、親友会はイトオテルミーを通じて、万人が望む健康を共に考え、個々に健康観を築き、人との絆を大切に助け合い、豊かな生活を送ることを目的とした仲間の会です。
 

テルミーのかけ方教えます

会員になったので、もっとかけかたの勉強をしたい、教わりたいという方、しばらくテルミーを使ってなくてブランクのある方、使い方に自信のない、という方に使い方・かけ方の指導をいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

指導料金:3000円 (要予約)

telephone047-336-5942



 

指圧・マッサージ らくだはうすのご案内

住      所:
〒273-0035
千葉県船橋市本中山2丁目16-9
八蔵ビル4F
アクセス:
JR総武線 下総中山駅徒歩1分
京成中山駅徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
047-336-5942
営業時間:
平日 :10:00~22:00
(最終受付 20:30)
土日祝:10:00~19:30
(最終受付 18:00)
定休日:
火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ